オール電化について

メニューから探す

  • 気分一新全面リフォーム
  • マンションリフォーム
  • 快適部分リフォーム
  • ちょっと困った部品交換機器故障
  • エクステリアリフォーム
  • エコリフォーム
  • 太陽光発電のすすめ
  • オール電化について
  • 耐震リフォーム

オール電化とは?

火を使わず安全・お手入れ簡単

具体的には、ガスコンロを「IHクッキングヒーター」に交換し、ガス給湯器を電気給湯器の「エコキュート」または「電気温水器」に変えることです。「太陽光発電システム」を導入すれば、家で使う電力を自宅で作ってしまうこともできます。

オール電化とは

オール電化の経済効果?

ガスを電気に変えることの意義としては、オール電化商品で深夜の割安な電力を使用することができます。
エコキュートや蓄熱ヒーターは、深夜電力を使用して、
夜のうちに昼間の時間に必要な量のお湯や熱源を確保しますので、電気代の節約にもなります。
また、これまで必要だったガス代を0円にし、基本料金を電気に一本化できます。
※別途契約が必要です。

オール電化にすると光熱費がこんなに安くなる!!

オール電化のメリット

導入すると快適に生活できるオール電化ですが、メリットもあればデメリットがあるのも事実です。
導入する上で、デメリット部分のしっかりとした理解も必要です。

メリット

メリット
エコキュートなら太陽にあたためられた空気中の熱を利用して お湯を沸かすため、とっても省エネ!オール電化は排出CO2を大幅に減らすことができます。
ガスを使用しないので、ガスの基本料金をなくし、基本料金を電気に一本化できます。また、東京電力ではオール電化向けのお得な料金メニューもあります。

メリット
オール電化住宅のキッチンコンロはIHクッキングヒーターになります。IHクッキングヒーターは炎が発生しないため、衣類への着火事故を抑えられます。
室内で炎を燃焼させないので空気汚染を低減し、二酸化炭素の発生量を抑えられるので、換気が少なくてすみます。また、ガス漏れや、不完全燃焼による一酸化炭素の心配がありません。
IHクッキングヒーターはゴトクがなく、平面的な形状のため、拭きやすくお手入れが簡単です。

デメリット

メリット
火が出ないというのは安全という面でメリットと考えられる一方で、中華料理など大火力を求めた場合、IHクッキングヒーターは火が出ないので満足感を得られない場合があります。大火力を実現する機種もありますが、直日を好むなど個々の嗜好により左右される要素です。
IHクッキングヒーターには使用できない鍋やフライパンなどの調理機器があり、IH対応の調理機器の用意が必要です。IH対応商品は普及が進み、スーパーなどで購入出来ます。 中華鍋など底の丸いものや、土鍋は使用できません。

メリット
エコキュート・電気温水器、共に屋外に高さ2mを超える貯湯タンクの設置が必要ですので、そのスペースを確保しなければなりません。
オール電化住宅の給油は、深夜の安い電気代で高温のお湯を作りタンクに貯湯し、使用時には水で薄めて使用します。 昼間に大量のお湯を使い湯切れが起こりそうになると、自動でタンクのお湯を沸かし増ししますが、大量にお湯を使用すると湯切れすることがあります。

オール電化商品の簡単な説明

IHクッキングヒーター

■IHクッキングヒーター

IHと呼ばれる電磁線を使った調理器具でガステーブルの代替品として用いられます。 電熱線による調理器具とは異なり、鍋やフライパン自身を電磁波により振動させ過熱するため、本体は熱を発しません。また、熱伝導が非常に高くエネルギーロスが少ないのも特徴です。ゴトクがないので調理後のお手入れが簡単です。


エコキュートエコキュート2

■エコキュート

空気中の二酸化炭素を利用した給湯システムです。 室外にファンを設置し、そのファンが外気の熱を吸収し熱を発生させてお湯を温めます。電力だけでなく、外の温度も活用するので、省エネルギーでお湯を沸かすことができます。おトクな夜間時間帯にお湯を沸かしてため、日中使う「貯湯式」で、昼間のピーク時の電力消費を抑えます。


■床暖房

■床暖房

床下に、熱源を設置してそれを暖めることにより床全体を暖めることができる暖房システムです。 床暖房単体で導入することもできます。(エコキュートのお湯循環を床下にすることで無駄なく床を暖めることができます)


床暖房なら風、音、においなし 火を使わない床暖房は、燃焼によるCO2や、風や音、においなど不快さを感じる要素はほとんどありません。
床暖房なら乾燥しすぎない 輻射熱で暖めるので、空気の乾燥が少なく、肌やノドを痛める心配を低減できます。
床暖房なら収納場所が不要 床暖房は床面そのものが暖房器具なので、季節ごとの暖房器具の出し入れは不要。空間を広く、美しく保ちます。

安全にも配慮

電気は災害復旧も早く!信頼性も高いエネルギー

電気・ガス・水道のライフラインの中でも、電力はもっとも復旧の早いライフラインであるといわれています。

電気は災害復旧も早く!信頼性も高いエネルギー

※参考「東日本大震災におけるライフライン復旧概況(時系列編Ver.3)(岐阜大学能島教授)」より土木図書館所蔵

災害時に役に立つ

エコキュートや電気温水器は貯湯式であり。常に370リットル(240リットル,460リットルタイプのタンクもある)の水道水をタンクの中に貯めているから、非常災害時の生活用水としても活用出来て安心です。
※衛生上の問題があり、タンクに貯めた水を飲用にすることはできません。

豆知識

370リットルは,4人家族3日分の生活用水分に相当します。 水道の復旧に時間がかかったとしても,災害時には約2〜3日でタンク車が到着するので,災害が起きてから,約3日分の水を確保が可能です。
※手洗いや入浴、トイレ洗浄など、雑用水としての使用が原則です。飲用にすることはできません